しどみ物語

 「しどみ」と言う名はなかなか聞きなれない方が多いと思います。
 くさぼけ(草木瓜)または、じなし(地梨)と呼ばれている。バラ科落葉小低木枝にはトゲがあり陽当りの良い所に自生する生育旺盛な植物です。わかりやすく言えば観賞用の「ぼけ」の原種でもともと野生に自生している植物です。
 私が幼い頃(昭和40~50年代)道の路肩、川の堤防、野山にに沢山自生していました。たぶん下刈りや手入れが行き届いていたのでしょう。この「しどみ」は下刈りをしていない荒れた場所では育ちません。昔の農家は家畜を飼育していたため、餌として下刈りした草を持ち帰っていました。そのためいつも陽当たり、風通しがよくたくさんの「しどみ」を見かけることができたのでしょう。春先に燃えるような「真っ赤」な花が咲き、初夏から秋にかけて結実します。梅ほどの大きさで緑色をしていますが晩秋に向かい黄色に熟し良い香りを放ちます。母が芳香剤代わりにタンスに入れたり、部屋の片隅の置いていたのを覚えています。食べては酸っぱくて食用には向きません。しかし、昔は食べ物に乏しく「口に入るなら何でも」と覚悟し、顔をしかめ、かじって食していました。とにかく「酸っぱい果実」です。「しどみ」を知っている方とはいつもこの実を食べた談議で盛り上がります。この実を焼酎で浸けて1年位経ちますとなんとも言えない良い香りの「しどみ酒」ができます。昔、農家では自家製の「しどみ酒」を作り大切なお客様に振舞っていたのを覚えています。また「健康酒」としても重宝されていました。
 効能としては「薬事法」の関係上ここでは控えさせていただきますが、ネット等お調べくださるよう願います。
この「しどみ」は成長旺盛で驚くほど次々と枝が伸びます。このパワーが実にも凝縮されるのだろうと感じています。しかし、雑草に囲まれ風通しが悪いと弱ってしまいます。強さと弱さを持つ魅力ある植物です。

飲み方
健康酒として食前酒または就寝前に盃一杯、冷やしても常温でもロックでも、香りがよいので焼酎の水割りに少々入れても美味しくいただけます。炭酸水で割るのもお勧めです。いろいろとお酒の香り付けにお試し下さい。
余談1
幼い頃祖父から「しどみの花を摘むと家が火事になるから採るな!」と言われていました。今思えば花を摘むと貴重な実が結実できないからでしょう。
余談2
毎年秋になると、実を直接買いに来るお客さんYさんがいます。毎年自分でしどみ酒をたくさん仕込みます。Yさん曰く「いや?これ飲んでから調子よくて、××も××も良くなって、これなしでは生きていけないんですよ~。」と言いながらタバコをスパスパ吸っています。(笑)どうかお身体お大事に。